Pier Luigi Andreoni, Francesco Paladino - Aeolyca

https://f4.bcbits.com/img/a4093494953_10.jpg

最近、個人的な興味でイタリアのアンダーグラウンド・シーンに興味があるのですが、やはりドイツやイギリスと比べて、日本では知名度の低い同国のシーン、日本人の僕にとっては未開拓もいいところで、掘れば掘るほど面白い音源が出てきます。そのうちに一昨年設立され、昨年にリリースを始めた同国の新鋭レーベル、Soaveに出会いました。昨年当ブログでも取り上げたロベルト・ムスチやピエロ・リュナーレのArturo Stàlteriなどを始め、イタロ・ディスコからライブラリーミュージックまでもが渦巻く同国の地下シーンから重要な作家を再発し、既にそのカタログは14作を数える勢いです。

今回紹介するのは、同国の前衛シンセ・ウェイヴ集団、A.T.R.O.X.や、同国地下シーンの重鎮リッカルド・シニガリア(Organic MusicのCheeさん主催の17853 Recordsからも編集盤が出ています)も参加した実験グループ、The Doubling Ridersのメンバーであるピエール・ルイージアンドレオニとフランシスコ・パラディーノの共作「Aeolyca」のSoaveからの再発盤。本作は、1989年にオハイオ州トレド拠点のレーベルで、Vidna Obmanaの作品もカタログに抱えているViolet Glass Oracle Tapesからカセットでリリースされ、マーケットプレイスを見る限り現存数も少なく、非常に貴重な作品となっていました。

イタリア・ピアチェンツァにあるスタジオで、前者らによるRoland S 50を2台、Yamaha tX 81 Z、 マリオ・チチョリによるエオリアン・ハープ(1988年に音楽フェスティバルの「タイムゾーン」で披露された風を浴びることで音を生み出す楽器)などを用いてアンドレオニによって録音、ミックスは、ミラノのコンピューター・スタジオでシニガリアが手掛けています。この「Aeolyca」はプラスティック・アート(sculpture) と音楽 (doubling music=オーバーダブのことでしょうか?)の何気ない出会いによって生み出されたものとされます。エミリアーノ・リ・カストロという人物によって、録音&ミックスされたこれらの自然音を基本的なアトモスフィアとして用いた上で、アンドレオニとパラディーノによるシンセサイザーやサンプリングを掛け合わせて制作されたそうです。

レーベルの説明文にもある通り、ハリー・ベルトイアの音響彫刻を彷彿させる冷涼なサウンドは、幽玄で伸びやかなアンビエント~モダン・クラシカルな味わいで、エスノ・ニューエイジ的なスピリチュアリティすら覚える孤高の境地へと至っています。多様な電子音楽が花開いた八十年代の末期にあって、カセットというフォーマットながら、この時代の集大成ともいえる壮大な実験が試みられた大傑作。空気の透明なこの季節にこそ、より神秘的に映えるであろう今年最初の推薦盤です。