Alan Hawkshaw - The Road Forward (Be With Records)

Alan Hawkshaw | The Road Forward | LP

英国のピアニスト/作曲家/プロデューサーである、Alan Hawkshaw(アラン・ホークショウ)。彼は1937年3月27日にイングランドのリーズで生誕。プログレッシブ・トランスの代表的プロデューサーBTやSilent Poetsともコラボレーションしている同国の歌手/ソングライターのKirsty Hawkshawの父でもあります。彼は映画やテレビ番組のテーマ曲を数多く手がけるライブラリー・ミュージック作家としても著名な存在であり、また、David BowieOlivia Newton Johnなどを始めとした有名なミュージシャンともセッションを行っており、自身の作品・共演含め、何百もの作品に関わってきました。

また、Hawkshawは、ディスコ・シーンに於いてもキーとなる作家であり、彼のグループであるLove De-Luxe、Alec R. CostandinosのLove & Kissesや、Donna Summer、Madeline Bellなどとの作品で偉大な功績を残してきました。また、彼を中心に名門KPMレーベル周辺のライブラリー・ミュージシャンが集結して結成されたファンク・バンドであるThe Mohawksの残した唯一のLPである「The Champ」は、世界中のマニアたちがこぞって求めるレア・グルーヴの傑作としても名高い1枚であることにも注目です。

昨今、彼の作品はリイシュー続きで、再評価が進んできていますが、今年も彼が1977年にKPMから発表したアルバム「The Road Forward」が、Michael Jacksonのバックシンガーも務めた南アフリカの歌手Letta Mbuluや、AORの代表格としておなじみのNed Doheny、ジャズ・ピアニスト/ボーカリストのAndy Beyなどの作品を正規ライセンスで再発してきた英国のBe With Recordsから42年振りに再発されます。

本作は、緑色のスリーヴが大変印象的である、KPMのライブラリー・ミュージック・シリーズ"KPM 1000 Series"に残されている作品であり、彼のコンテンポラリー系のスコアの網羅的なコレクション作品となっています。そのオリジナル盤は現在高騰を極めており、万超えの高価格で取引される激レア盤で、ライブラリー・コレクターを中心とした多くのマニアを魅了し続けてきました。

今回の再発盤は、Be With Recordsのお抱えのマスタリング技師で、The Black Eyed PeasAlicia Keysなどといった大御所も手がけているSimon Francisによって、オリジナル・アナログ・テープ音源からのリマスタリング。トレードマークの緑色のジャケットは、KPMの現在のブランド・アイデンティティであるデザイナーのRichard Robinsonによって忠実に再現されています。180G重量盤ヴァイナルでの再発となります。

その音楽は、スムース・ジャズからフュージョン、シンセ・ポップ、AORニューエイジプログレッシヴ・ロックまでも横断したような独創性豊かなサウンドを鳴らし、70年代という時代性も全く感じさせないほどに洗練されたポップな音世界を奏でています。日本のAORやライト・メロウが好きな人にも薦められそうでもあり、佐藤博やSeaside Lovers、難波弘之のAtlasなどの作品をよりキュートに表現したようなインスト・アルバムと言った風情が感じられます。ライブラリー・マニア以外にはあまり認知されている作品ではありませんが、歴史の裏へと埋もれた、知られざる傑作です。 

再発盤は5月17日リリース。デジタルはストリーミングでも視聴可能。

YOU CAN BUY FROM HERE.