V.A. - Love is a One​-​Way Traffic: Groovy East Asian Chicks, 1960s​-​70s (2013)

https://f4.bcbits.com/img/a3558923215_10.jpg

一気に寒くなってきましたね。筆者のいる鳥取もちょっとタバコを吸いに外に出るだけで肌を切りつけられるような思いです。さて、いつも新譜や出たばかりの再発・編集盤について書いているので、たまには旧譜も紹介したいと思います。今回はそんな厳しい季節に向けて、心の温まる1960-70年代の東アジアのポップスのコンピレーションアルバムを。

本作は当初、アメリカのTrue Vine レーベルとWeirdo Records(もう閉業してるみたいです)から2006-07年ごろにCDRとしてリリースされていたもので、香港から台湾、シンガポールの女性ポップシンガーを特集した一枚。恐らく非常に限られた枚数のものだと思われ、オリジナルは現在非常に入手困難ですが、それをMississippi Records傘下のレーベルであるCanary Recordsがデジタル・コンピレーションとして配信したもの。

2003年に、ミュージシャンでもあるAlex Yusimovによって設立されたMississippiは、ゴスペルの功績者、Washington Phillipsやラ・モンテ・ヤングの師匠、 Pandit Pran Nathなどの再発などを始め、多数の功績を持つ多国籍のレーベルで、Canary Recordsはその流通の下で、非英語圏の音楽を再発しているレーベルとして知られています。

今回紹介しているこのコンピも日本では滅多に流通しないようなものばかりですが、コンパイルされているアーティストについて調べてみると、香港のBillie Tam(蓓蕾)や台湾のChen Fen Lan(陳芬蘭)なんかはレコチョクで売られていたり、よく検索してみるとWikipediaがあったりするなど、どうやら本国では人気の歌手だったりするようです。音楽の世界も広いですね。

日本の演歌とも一風変わった異国情緒やら、ロックにインスパイアされた時代柄が分かるサウンド、ボーダーレスな歌唱力を備えた歌手たちの聞きなれない歌声が楽しめるコンピレーション。筆者も最近は散歩するとき愛聴している一枚です。3.50USドル(日本円にして約400円)とお安いので、たまの異国探索にぜひどうぞ。