Piero Milesi - The Nuclear Observatory of Mr. Nanof

https://f4.bcbits.com/img/a0903304761_10.jpg

ニューエイジ・ミュージック・ディスクガイドを出してからというもの、個人的なニューエイジへの熱はより高まっているように思います。どんどん載せられなかった作品に出会いますね。この作品なんてまさに去年載せるべきだったと後悔した作品の一つです。

かの異端音楽集団、Gruppo Folk Internazionaleのメンバーにして、劇伴作家としても高名なイタリアのモダン・ミニマル作家、ピエロ・ミレシによる1986年Cuneiformからのセカンド・アルバムである「The Nuclear Observatory of Mr. Nanof」、彼の制作したサウンドトラックからセレクトされたマスターピースを集めた編集盤です。

ピエロ・ミレシは、1953年にミラノで生まれ、2011年にレバントでこの世を去っています。彼のキャリアはチェロや作曲、実験電子音楽を習い始めるところに始まり、1977年になると、ブルガリア出身の役者にして、ミュージシャン、演劇作家のモーニ・オヴァディア率いるGruppo Folk Internazionaleにパフォーマー&作曲家として参加。1982年になると、英国のインディ・レーベル史の代表格、Cherry Redから同レーベルのアーティストであるモーガン・フィッシャーに紹介されてファースト・アルバムを発表。そして、セカンド・アルバムである本作は、ミラノのアズーロ・スタジオで1984年に制作されました。

一つ前の記事にも書いたイタリア地下シーンの重鎮、リッカルド・シニガリアやマリオ・アルカリといったCorrenti Magnetiche人脈やStormy Sixのカルロ・デ・マーティーニなどといった強力なメンツが参加。これまでのソロ・キーボード・エレクトロニクスでの霊妙な演奏から転換して、リリコンと小規模の室内楽アンサンブルのために書かれており、ラブリーですが、より音楽的にも豊かな作品に仕上がっています。

13分にも渡る冒頭曲の"Mr Nanof's Tango"では、哀愁を伴うフルートとストリングスの音色が共鳴するように響き渡り、ストリングスとキーボードのミニマルな繰り返しがあまりにも官能的で、没入感たっぷり。一時間に渡る長尺楽曲である"The Kings of the Night"から抜粋されたという"The Procession"は、冷涼な直線状のドローンを放射することによってサスペンスを生み出す。"Three Figurations"では、シンフォニックなスタッカートの真っ最中にあるような音の波を紡ぎだすガムランの音色が半狂乱しており、後半の展開にはプログレッシヴという言葉が似合う。中でも最も興味をそそる楽曲であると言える、"The Presence Of The City"の夜行性の何かを呼び起こすような、フォース・ディメンション系のミニマルなピアノが生み出すサウンドスケープは聴きものです。

アンビエントニューエイジ好きにはたまらない、非常に洗練された、音の粒までもが美麗な現代的モダン・クラシカル。この音楽に触れる全ての人に極彩色の景色を見せるでしょう。

ちなみにこの人、同国の有名アーティストへの楽曲提供を始め、THE BOOMのボーカル、宮沢和史の1997年のアルバム「Sixteenth Moon」(マヌ・カチェとピノ・パラディーノも参加した大作)のアレンジも手掛けているなど非常にアクティブな人で、同国地下シーンの重要グループ、The Doubling RidersやRoberto Cacciapagliaなどの作品でも演奏していたりと、イタリアの地下シーンを体系的に把握する上でも重要な人物です。

そして、昨日は夜も遅くに、この作品をリリースしたレコメン系レーベル、Cuneiformが一年間新譜をリリースしないというプログレッシャーには辛いニュースも舞い込んできましたが、レーベル自体を解散するわけではないようで、デジタルでのリリースに力を入れていくとのことでした。何はともあれ、今後も応援はしっかりしていきたいものです。