Joan Bibiloni - Born (Born)

1952年生まれ、大変多作なスペインのマジョルカ東部の町出身のギタリストであり、ニューエイジリバイバルの火付け役であるオランダ・アムステルダムのレーベル、Music From Memoryからも編集盤のリリースが行われているJoan Bibiloni(ジョアン・ビビローニ)。Jon AndersonやJohn Cage、Kevin Ayersを始めとした世界中のベスト・ミュージシャンと共演してきた人物であり、ライター&プロデューサーとしてMarina RossellやAntonio Vegaなどの作品も手掛けたことで知られます。

10代の頃には、彼は当時の世界中の若者と同じように、ビートルズストーンズ、ブリティッシュ・ビートへと心酔していました。彼はこのように語っています:「フランコ将軍が権力の座にあったとき、マジョルカはちょっとした政治的オアシスだったんだ。それはツーリズムのためで、ここで生まれた人々はスペインの未開拓地の外で何が起こっているのか伝え聞くより多くのチャンスを持っていたんだよ。僕たちはパルマの闘牛場でキンクスを、パゼオ・マリティモでアニマルズを、そして、信じられないことに、パルマのサージェント・ペパーズでジミ・ヘンドリックスを観たんだ。」

1964年には、Joanは二人の男とバンドを組み、1966年には初のシングルを発表します。20代になるとプログレッシヴ・ロック・バンド、Zebraを結成。マジョルカのバンド、EuterpeのPepe Milanと出会うと彼らはブルース・フォーク・デュオのMilan & Bibiloniを組むことになります。また、彼は60年代から80年代にかけて存在したパルマの伝説的なギター・センターで出会う音楽家を通じて、マジョルカ島の北西部にあると小さな町デイア(Deià)の豊穣な音楽シーンとのコネクションを持つことになります。

ディアは、現在人口600人強に過ぎない小さな町(というか村?)ですが、当時は、アートや音楽、詩、言語、ロマンス、文化のミクスチャーとも言える、刺激的な場所であり、ケヴィン・エアーズ、ロバート・ワイアット、デヴィッド・アレンといったカンタベリーの重鎮アーティストが別荘を持ち、ミック・ジャガーマイク・オールドフィールドといったミュージシャンもここでしばしば演奏を行っていました。

1975/1976年頃、彼は、英国を代表するプログレ・バンド、Yesのシンガー、ジョン・アンダーソンの兄弟であり、ポップ・ロック・バンド、Los Bravosのフロントマンとして、1966年にUSチャートで4位を獲得しているトニー・アンダーソンの元でギターを演奏し始めます。この頃から、Joanはデイアの音楽シーンの一角を成すようになります。そして、この時期、Gongのデヴィッド・アレンのセカンド・ソロ・アルバム「Now Is The Happiest Time Of Your Life」(77年)でも演奏し、1980年にはケヴィン・エアーズの11枚目のスタジオ・アルバム「Deià...Vu」をプロデュースしています。

Joanはデイアでの日々と衝撃についてこう語ります:「それは面白かったんだ。全てのものにある種の喜劇的なアプローチがあったよ。僕らは笑いが止まらなかった。僕はケヴィンが今までの人生で最高の魚のカレーを作ってくれたことを覚えているよ。ルカルカリでの時間もまた、僕に料理をすること、会話をすること、自然に感謝することを教えてくれたよ。」

そして、彼の妻である、Julieta Almagroも音楽の世界に身を置いており、また彼らの娘である、Violeta Bibiloniも歌手/俳優/司会者として活躍しています。1982年には、バルセロナにて、マジョルカやバレアリス諸島、自身の音楽のショーケースと言えるレーベルであるBlauを、Miguel Ángel Sanchoと共に設立し、現在に至るまで、300以上もの作品をリリースしてきました。

今回再発される1989年の作品「Born」は、自身のBlauから発表された作品で、今回初となるリイシュー。彼の作品群の中でも最も人気を誇る1枚で世界中のコレクターから探されている激レア作品であり、マーケットプレイスでも非常に高い値段で取引されていました。本作は、才気溢れる様々なミュージシャンとの共演による8つの楽曲が収められており、彼の絶頂期の作品としても高い評価を得る1枚です。

アンビエントニューエイジ民族音楽などを横断したスペイン屈指の霊性音楽ムーブメントである「マドリッド音響派」(海外で"Neo-Folk"と呼ばれているそうです)とも共振しつつも、本場のバレアリックという文脈へと寄り添い、古来より様々な文明が往来した地中海特有のエスニックなフォーク・サウンドから、ラテン音楽ニューエイジ、ジャズ・フュージョンなどの要素が高度にミックスされた類稀なる音世界を披露した大傑作で、まさにバレアリックの源流と呼ぶべきでしょう。

本作は、実に30年ぶり初の再発で180G重量盤&リマスター仕様。正規再発盤。

YOU CAN BUY FROM HERE.